東京工業大学博物館

東京工業大学博物館(東京・大岡山)のnoteです。ここでは、展示品の解説や、刊行物などの情報を共有していきます。

東工大と機械

東京工業大学博物館に展示中の資料のうち、機械分野の研究・教育に関する解説を集めました。

すべて見る

理論と実践を噛み合わせた歯車研究 —中田考

中田孝(1908(明治41)年~2000(平成12)年、東京浅草生まれ)は、1928年東京高等工業学校機械科を卒業、翌年4月、新設の東京工業大学機械工学科に第一回生として入学。卒業後は、母校の助手、助教授(精密工学研究所員)、教授、精密工学研究所長を2回勤めました。 中田は、豊かな独創力に加えて、物理的問題や応用数学等に強い興味を持ち、外国文献も積極的に調査しました。1929(昭和4)年頃、歯車運転試験のため水晶のピエゾ効果を使ったトルク計を自作。その試験の理論解析に独得の

スキ
1

ロボット学事始めとロボコン ― 森政弘

森政弘(1927年三重県生まれ)は、1969年に東京大学生産技術研究所から本学制御工学科に教授として着任しました。 東大生産技術研究所時代の1967年に、研究室内で創造性開発のために「自分が乗って階段をのぼることができる機械」というテーマのアイデアコンテストを企画しました。その時優勝したのは、当時大学院生であった村上公克(まさかつ)君のアイデアです。展示されている6足歩行ロボットは、そのアイデア実現の予備実験として試作された模型で、どこでも歩くことができる機械―Genera

スキ
9

生物の動きに発想を得たロボットの開発 —広瀬茂男

広瀬茂男(1947年東京都生まれ)は、1971年、横浜国立大学工学部を卒業し、東京工業大学大学院の梅谷陽二研究室に進学しました。広瀬は、東工大の修士学生として研究を始めたとき、「ヘビは足が無いのになぜ前に進めるのか」を解明することに決めました。 まず初めに、ヘビの運動を文献で調査し、仮説を立て、蛇行運動の基礎運動方程式を誘導しました。そして実際の動きを調べるため、渋谷のヘビ料理屋でシマヘビを買い、ヘビの体に電極を刺して蛇行の形や筋肉の活動の様子を実験しました。その結果、19

スキ
3

東工大と化学

東京工業大学博物館に展示中の資料のうち、化学分野の研究・教育に携わった人々の解説を集めました。

すべて見る

化学工学科の創設 ー内田俊一

内田俊一(1895-1987)は、東京の京橋に生まれました。府立一中、第一高等学校を経て、1920(大正9)年7月東京帝国大学工学部応用化学科を卒業、同年9月臨時窒素研究所技師になりました。研究所では、小寺房治郎所長の下でアンモニア酸化による硝酸製造プロセスの工業化について研究を行い、白金代用触媒を使ってパイロットプラントづくりをしていました。 1929(昭和4)年、東京高等工業学校の大学昇格に際し、本学の附属工業専門部教授となり、同年5月から、米国MIT(マサチューセッツ

スキ
2

合成ゴム・合成繊維の開発 ー神原周

神原周(1906-1999)は、東京に生まれました。1930年早稲田大学理工学部応用化学科を卒業後、本学松井元太郎教授の助手となり、イオウの物性測定の研究に従事しました。特徴ある応用化学科を育てることを提唱し、自らゴム研究室を主宰していた田中芳雄教授(東京帝国大学教授兼任)に請われて、1934年、研究室を移りゴムの研究をはじめました。これを契機に、広く高分子科学の発展に貢献することになります。 第2次大戦中1, 3-二塩化プロパノール-2と四硫化ソーダから耐熱、耐油性にすぐ

スキ
3

ビタミンB2の工業的製造の研究 ー星野敏雄・佐藤徹雄

ビタミンB2は、1879年A. W. Blyshにより牛乳黄色色素ラクトクロームとして報告された動物の成長促進因子のことです。現在では、フラビン酵素やフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)の形で広く生体内の酸化還元反応に関与している事が知られている一種の補酵素です。その構造は、1936年P. Karrer及びR. Kuhnにより決定され、世界各国で合成研究が行われていました。 星野敏雄(1899-1979)・佐藤徹雄 (1908-1968)両教授は、

スキ
3

光イオン化・レーザー光化学の研究 ー田中郁三

田中郁三(1926-2015)は、1950年代、質量分析のイオン源に電子衝撃の代わりに真空紫外部の光を用いる光イオン化質量分析法と呼ばれる新しい方法を世界で初めて考案し、そこから真空紫外光化学という新領域を開拓しました。 全ての物質は分子からなり、分子はプラス電荷をもつ原子核と、マイナス電荷の電子から構成されています。この分子(M)にイオン化ポテンシャル(IP:各分子に固有な物理量)より大きな光エネルギー(hv)を与えると、分子に固有の光イオン化効率(n)で光イオン化が起こ

スキ
4

東工大と建築

東京工業大学博物館に展示中の資料のうち、建築関連の解説を集めました。

すべて見る

「清らかな意匠」を追求 ー谷口吉郎

谷口吉郎(1904-1979)は、金沢の九谷焼きの窯元の長男として生まれ、地元の第四高等学校卒業後東京帝国大学建築学科に進みました。 1930(昭和5)年に東工大建築学科講師となり、1931年助教授、1943年に「建築物の風圧に関する研究」で工学博士号を得るとともに教授に昇任。定年退官後の1967年、谷口吉郎建築設計研究所を開設し、晩年まで精力的に創作活動を展開しました。 谷口の作風は「清らかな意匠」という彼自身の言葉に要約されます。作品は文学碑から工場建築まで多岐にわた

スキ
4

ウィットに富む合理主義者 ー清家清

清家清(1918-2005)は、日本近代を代表する建築家の一人です。東京工業大学で教育・研究を行いながら、芸術性と科学技術を融合させたユニークな建築をつくりだしました。絵が得意だった彼は東京美術学校(現・東京藝術大学)建築科に進み、卒業後に東京工業大学建築学科で学びました。 彼の父・正(1891-1974)は、東京高等工業学校(現・東京工業大学)機械科卒で、東京都立大学で教授や学部長を務めました。清家の建築のベースには、芸術的才能と、父から受け継いだ工学のセンスがあります。

スキ
3

建築物の地震時の挙動を表現する振動台 -谷口忠

地震動を模した振動台を作成して、建築物またはその模型について実験しようとする計画は200年程前から試みられ、我国でも濃尾地震(1891年)以来、正弦波(正弦曲線の形を保ちつつ一定の速さで進む波)による振動台は作成され使用されてきました。 東京工業大学建築学科の教授、谷口忠(1900-1995年)は、地震動が突然始まり、建築物に対し過渡現象としての不規則振動を与える問題が、建築物の地震破壊の重要な要因であることに早くから着目し、実際の地震と同様な動きをする振動台の制作に尽力し

スキ
3

東工大名誉教授の研究

東工大を退官した名誉教授たちの研究を紹介します。

すべて見る

森田清 「超高周波工学の樹立」

要約 森田清は1930年代に、東工大大岡山と筑波山頂間の関東平野を横断する超短波による初の通信実験を達成、均圧環付きマグネトロンを発明して安定なセンチ波の発生に成功、そして、1950年代には山間部の発電所等へのマイクロ波無給電中継方式を開発するなど、当時はまだ未成熟技術であった超高周波工学分野を開拓して樹立すると共に、数多の人材を育成した。 研究業績要約 東京工業大学時計塔と筑波山頂間のマイクロ波通信実験の達成「昭和10年(1935年)6月~7月には東京工業大学に於いて試作

スキ
4

展示解説

東京工業大学博物館に展示中の収蔵品の解説を集めました。

すべて見る

ロボット学事始めとロボコン ― 森政弘

森政弘(1927年三重県生まれ)は、1969年に東京大学生産技術研究所から本学制御工学科に教授として着任しました。 東大生産技術研究所時代の1967年に、研究室内で創造性開発のために「自分が乗って階段をのぼることができる機械」というテーマのアイデアコンテストを企画しました。その時優勝したのは、当時大学院生であった村上公克(まさかつ)君のアイデアです。展示されている6足歩行ロボットは、そのアイデア実現の予備実験として試作された模型で、どこでも歩くことができる機械―Genera

スキ
9

型染絵による美の表現 −芹沢銈介

芹沢銈介(1895-1984)は、静岡市でも屈指の呉服太物卸商「大石商店」の7人兄弟の次男として生まれ、1913(大正2)年に東京高等工業学校図案科に入学して工業デザインの基礎を学びました。卒業後は、故郷の静岡市に戻って静岡工業試験所の技師として地元静岡の業者や職人に蒔絵・漆器・木工・染色・紙などの図案の指導を行い、その後も大阪府立商品陳列所図案課技師として意匠図案の調査・研究を行い、工業デザイナーとしての実績を積みました。 芹沢は、1927(昭和2)年に柳宗悦の論文「工芸

スキ
8

工業図案科の設置と図案教育の重視

手島精一(1850-1918)は、1894(明治27)年に附設工業教員養成所を設置した3年後に同所内に「工業図案科」を新設しました。その意図は、陶磁器や漆器・木工品、織物といった伝統的な工芸品の近代化と販路拡大には、当時急速に発達してきた印刷技術の応用に適した新たな意匠「図案(Design)」の開発と、それを担う人材の育成が必要と考えたためでした。工業図案科の教員には、当時としては数少ない海外におけるデザイン教育経験者が集められました。 工業図案科の授業では、3年間かけて意

スキ
3

蔵前キャンパスの整備

隅田川沿いの蔵前キャンパスは、江戸時代には幕府の年貢米を収蔵する米蔵が立ち並ぶ「浅草御蔵」と呼ばれた土地で、1882(明治15)年に上野に移転した「浅草文庫」の跡地が東京職工学校の土地として交付されました。その年の12月には洋風煉瓦造の校舎が、続いて拡張された敷地に各学科の工場が竣工し、実業学校としての教育環境が整いました。1890(明治23)年には第二代校長として手島精一が着任し、校名も東京工業学校に改名されました。 隅田川から見た蔵前キャンパス 日清戦争が終結した18

スキ
3