見出し画像

ウィットに富む合理主義者 ー清家清

清家清(1918-2005)は、日本近代を代表する建築家の一人です。東京工業大学で教育・研究を行いながら、芸術性と科学技術を融合させたユニークな建築をつくりだしました。絵が得意だった彼は東京美術学校(現・東京藝術大学)建築科に進み、卒業後に東京工業大学建築学科で学びました。

彼の父・正(1891-1974)は、東京高等工業学校(現・東京工業大学)機械科卒で、東京都立大学で教授や学部長を務めました。清家の建築のベースには、芸術的才能と、父から受け継いだ工学のセンスがあります。

「齋藤助教授の家」(1952)など、1950年代に設計した小住宅では、寝殿造りにヒントを得て、家全体をワンルームと見なし、必要に応じて引き違い建具や可動棚などで空間を適宜区分するというデザインを提案しました。軒天井を含めて天井面を完全にフラットにし、庭との連続性を強調したモダンなデザインは、1954年に来日した建築界の巨匠ヴァルター・グロピウス(1883-1969)に絶賛され、翌年アメリカに招かれました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。 他の記事も、ぜひご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました!
2
東京工業大学博物館(東京・大岡山)のnoteです。ここでは、展示品の解説や、刊行物などの情報を共有していきます。